置き換えダイエット 睡眠障害

置き換えダイエットでの睡眠障害

ほとんどの人が、夜になると眠くなって、朝になると目が覚めますが、置き換えダイエットをしている人の中で空腹で眠れないといった事が起きているようです。

せっかくダイエットしているのに睡眠の質が悪いと、かえって代謝が悪くなり、太りやすく、痩せにくい身体になってしまいます。
睡眠に必要になってくるのが「メラトニン」だそうです。
メラトニンと言われてもなんだ?と思う方もおられると思いますが、メラトニンは人間の体内で自然に作られるホルモンです。
置き換えダイエットで不規則な生活をしていると、メラトニンが正常に分泌されなくなり、夜眠り朝目覚めるという、正常な生活サイクルを狂わせ睡眠障害に至ってしまうのです。
また、暗いのに目が覚めてしまう方は、メラトニンが不足しているかもしれません。
ただ、メラトニンは年齢とともに減少します。
あわせて空腹がストレスを招くこともあるので気を付ける必要があります。

以上のことから代謝をコントロールする自律神経やホルモン系は、少なからず睡眠の状態に影響を及ぼします。

ひどい方では睡眠薬を導入される方がいますが、副作用といった落とし穴があります。
一番に指摘されている副作用として”依存性”があります。
睡眠薬に頼らないと眠れない、次第に量を増やさなくてはいけない、効果の強いものに頼らなくてはいけないなどの副作用です。
睡眠薬をたまに服用するのはかまいませんが、睡眠薬に頼りきりになってしまうのはよくありません。

睡眠障害に陥らないためにも満腹感を得られるダイエットし、適度な運動をしていれば夜の睡眠をより快適なものにしてくれます。

”きちんと眠れば太らない”これ以上、楽なダイエットはないと思います。

置き換えダイエット関連情報